車椅子の種類と便利なグッズの話 1

祖母が介護施設を見学に行ったとき、はじめて車椅子というものに乗せてもらい、すっかり気にいってにこにこしていたそうです。自慢の健脚で、90歳越えても自宅から遠く離れた山寺にお参りに通っていましたが、年とともに膝の傷みが増し、つらかったようです。その後ほどなくして亡くなったので、結局、車椅子を購入することはありませんでしたが、体の不具合を抱える人にとって、とてもありがたい乗り物なのだと思いました。車椅子は、使用した経験がない人には、どれも一緒に見えますが、実はいろいろな種類があります。自分でハンドルを回して動かすのが自走用車椅子、介助者に後ろから押してもらって動かすのが、介助用車椅子です。自走用は、介助用と比べ、前輪より後輪がかなり大きいので、すぐわかります。たとえば、スポーツなどで怪我をして、一時的に車椅子に頼ることになった青年であれば、自分の力で動かすことができる自走用を使いますが、認知症を発症し、行き先を自分で決めることができない老人であれば、介助用を使用します。

東京の結婚相談所にお越し下さい!

不妊治療 大阪 女性

フルオーダーができる建築家

歯科開業に困っています。。誰か助けてください

睡眠薬 種類